不動産業界の強い味方|宅建の資格を習得しよう

婦人

幼稚園の先生になるには

幼稚園教諭になるには、教職課程を持つ学校で学び、学位を取得する必要があります。教職課程は大学院・大学・短大・専門学校にあり、それぞれ所定の単位を修めることで取得できます。教職課程のない大学等を卒業した人や保育士として実務経験を持つ人には、免許取得の機会が別に設けられています。

不動産業界必須の士業

住宅模型

宅地建物取引士を目指す

宅建(宅地建物取引士)とは、宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格です。不動産会社は、土地や建物の売買や賃貸の斡旋を行っています。不動産取引には大きなお金が動きますが、お客様は不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどありません。なので、不当な売買契約結んでしまうという損害を被る事があります。そのようなことがないように、お客様に重要事項説明(知っておくべき事項)を契約前に説明するのが宅建士です。この説明は宅建の資格を持っていないと出来ない仕事です。その他にも宅地建物の取引をする業者は、必ず5人に1人宅建の資格を持っている人を置かなくてはなりません。このように宅建の資格は、不動産業界では重宝される資格なのです。宅建の受験資格は、年齢学歴関係なく誰でも受けることが出来ます。更に、一度合格すれば自分のスキルとして一生使えます。気になる合格率ですが、15%前後です。国家資格にしては比較的合格しやすい方ではないでしょうか。なので、宅建は国家資格の中でも人気のある資格となっています。勉強方法ですが、ほとんどの人が仕事をしながら勉強をすると思いますので、通信講座などを利用して勉強をすると良いでしょう。覚える範囲もそこまで広くありませんので、毎日継続して勉強を続けていけば、個人差はありますが大体6ヶ月くらいで取得できるのではないでしょうか。宅建は実用度が高いのに、比較的取得しやすい資格です。ぜひチャレンジしてみてください。

男女

キャリアアップの有効策

ビジネスマンにとってキャリアアップの一助となるのが資格取得です。例えば、財務や会計を専門としたいのであれば税理士や会計士は狙う価値のある資格です。効率的に勉強するにはビジネススクールに通うのがよいでしょう。

文房具

商品がよく売れる店舗とは

販売士の資格は、店舗における販売のマネジメントに関する知識が身に付けられ、顧客の購買心理状態の理解や顧客満足度を上げる具体的な取り組みを学ぶことができる。販売士で身に付けたスキルを実践することで売れる店舗経営が実現できるため、資格取得者を雇用する店舗が多くなってきている。