不動産業界の強い味方|宅建の資格を習得しよう

女性

幼稚園の先生になるには

保育士

免許の仕組み

幼稚園教諭は就学年齢前の子供の面倒を見るという点で保育士とも共通するところの多い仕事ですが、あくまでも教員であるという点に特色があります。そのため、仕事に就くには文部科学省が認定する教員免許が必要となります。幼稚園教諭の免許には専修・一種・二種の3種類があります。それぞれ大学院卒・大学卒・短大卒に対応します。つまり、どの教育機関の教職課程で学んだかによって種別が異なることとなります。なお、二種免許については短大の他、一部の専門学校でも取得することができます。また、教職課程を経ずに大学等を卒業した人であっても、いくつかの大学に設けられている通信課程で必要な科目を履修することで免許取得の途がひらかれています。幼稚園教諭を免許する際、原則として資格試験を受験する必要はありません。それぞれの教育機関で卒業に必要な単位を修め、学位を授与されればそれがそのまま免許の取得要件を満たしたことになります。ただ、すでに保育士の資格を持っている人であって3年以上の実務経験を有する人については、幼稚園教員資格認定試験という試験に合格することで免許を取得することができます。免許取得後、実際に幼稚園教諭として働くに当たっては、それぞれの幼稚園における採用試験を受験することになります。公立幼稚園にあっては各自治体の、私立にあっては運営母体である学校法人等の職員として採用されることで、幼児教育の現場に立つことができます。